2006年03月22日

入学祝いに最適!「おはなし名画シリーズ」

ゴッホとゴーギャン

季節は春。子どもの春休みの過ごし方に頭を悩ませながらも、なんだかウキウキとした気分になります。そんな春、入学祝いや進級祝いに子供にプレゼントしたいのが、このお話絵本です。

色々な作家のシリーズが出ているようなので徐々に揃えていきたいのですが、私がまず子供のために購入したのが、「ゴッホとゴーギャン」。大判の絵本で、ゴッホやゴーギャンの名画の数々を鑑賞しながら、その伝記を童話で読むことができます。

特に、ゴッホは、生存中、たった1枚の絵しか売れなかった不遇な作家として伝説となっています。
昨年ゴッホ展に行って以来、ゴッホの絵が大好きになった娘はこの本を読んで、「ゴッホは、絵は輝いているけど、その他のことは輝いていなかったんだね。私はすべてで輝きたいな」とひと言。私は、何気ないこの言葉に、内心ドキッとしました。最近、ライフワークバランスについて思うところがある私には、「仕事ばかりやっても、プライベートが充実していなければつまらない人生じゃない?」という意味にとれたからです。

「ぼくは何かの役立つ人間のはずだ。ぼくには何か目的があるはずだ」と悩み、絵を描かずにはいられなかった天才画家ゴッホ。

名画を鑑賞するだけでなく、その作者の生きざまを伝記で知ることで、作品から生きるヒントを学んでほしいなと思います。
posted by あかね at 17:34| ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはなし名画の紹介ブログを書いている工藤と申します。
おはなし名画ごを紹介いただき、ありがとうございます!ブログリンクを貼らせて頂きましたが、問題ありませんでしょうか?
ご確認いただけると幸いです。
今後ともよろしくお願い致します。
Posted by 工藤 at 2012年09月03日 20:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。